SKA-FE Baby

 結婚9年目、33歳主婦の不妊治療・妊娠・子育て日記です。

2006年6月、はじめて凍結胚移植をしましたが、残念な結果に終わりました。
そして2度目の顕微授精へのチャレンジで2006年8月に妊娠陽性反応をいただくことができました。
その後、妊娠初期の切迫流産の危機を乗り越え、2007年4月5日女の子を出産しました。

赤ちゃんとの生活をマイペースに綴っていきたいと思ってます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
2007年
JUGEMテーマ:日記・一般


生後271目

2007年もあと数時間です。

今年の我が家を漢字1文字で表すなら

『喜』です。

なんといってもミハルの誕生が一番の出来事で
我が家にたくさんの『喜』を運んできてくれましたラブラブラブ
周りで支えてくれた家族、友人
そしてブログを通じて応援してくださったみなさんに
感謝の気持ちでいっぱいですハート大小
ありがとうございました。

来年もよろしくお願いしますわーい
みなさん、どうぞ良いお年をぴかぴか
| すみちん | 生後8ヶ月 | 17:54 | comments(2) | - |
お正月は
JUGEMテーマ:日記・一般


生後252目

ミハルは生後8ヶ月目に入りました。
お座りの状態から自力でつかまり立ちも
できるようになりました。
でも、まだ不安定なのでちょこちょこ
テーブルの端で顔面をぶつけて泣いてます。

最近のミハルのブームは『洗濯物くずし
私のたたんだ洗濯物をかたっぱしに
ぐちゃぐちゃにしていきます。
私が「むかっ!!」っていうと
なぜかそれが楽しいらしく、ゲラゲラ笑いながら
乾いた洗濯物の中にダイブしていきます。
本人は手伝ってくれてるつもりなのかなぁたらーっ

お正月なんですが、どうせ旦那様は長い休みは
とれないだろうし、ミハルもまだ小さいし
家で過ごすつもりでいました。
が、先週旦那様が『お正月6連休になった』と言い出し
それなら『がんばってミハルを連れて三重(旦那様の実家)まで帰ろう』って
決意しました。

そのことを旦那様の実家に電話すると
お願いだから帰ってこないで[:がく〜:]』と却下されてしまいました。

もちろん、ミハルに会いたいけど
それ以上にミハルのことが心配とのことでした。

旦那様の実家までは、自動車でガッツリ走っても
10時間ほどかかります。その上、すごい田舎なので
あちらに行って病気になっても急患ですぐにみてもらえる
病院が近くにないらしいのです。

それにインフルエンザやらノロウィルスなんかの
ことを考えると、とてもじゃないけどミハルのカラダが
心配とのことでした。

確かに私もミハルを連れての10時間以上のドライブは
自信なかったので、最初はどうしようか迷ったんですが
かなり行く気になってた分ちょっと気が抜けてしまいました。

でも、ミハルの事を第一に考えると
三重のおじいちゃん、おばあちゃんの言うとおりだなぁって納得。
素直に帰省は断念することにしました。
でも、旦那様はせっかく休みがとれたので一人で帰省することに。

初めてのお正月鏡もち、パパが居ないのはさみしいですが
次にいつ帰れるかわからないので仕方ありません。

春になって暖かくなったら、ミハルと二人で
三重に遊びに行こうと思いますかわいい
| すみちん | 生後8ヶ月 | 08:56 | comments(0) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ