SKA-FE Baby

 結婚9年目、33歳主婦の不妊治療・妊娠・子育て日記です。

2006年6月、はじめて凍結胚移植をしましたが、残念な結果に終わりました。
そして2度目の顕微授精へのチャレンジで2006年8月に妊娠陽性反応をいただくことができました。
その後、妊娠初期の切迫流産の危機を乗り越え、2007年4月5日女の子を出産しました。

赤ちゃんとの生活をマイペースに綴っていきたいと思ってます。

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
近況
JUGEMテーマ:日記・一般


すっかりブログを置き去りにしてました。

ミハルも4月5日で2歳になり、4月から保育園に行っております子供

さっそく病気の洗礼をうけましたよムニョムニョ
保育園に通いだした早々、風邪をもらってきて10日ほど
熱がさがらず休んでました。病院の先生曰く
「こうやってだんだん免疫がついて強くなるよ!」とのこと。

はじめは泣いてばかりのミハルでした。
今までそんなに泣く子じゃなかったんですが
保育園にいる時はもちろん、家にいる時も保育園での
ことを思い出してシクシク泣いてました。
「保育園どう?」って聞くと
「ママ、ママ、泣いたと〜泣き顔泣き顔泣き顔(九州弁)」と言ってまた泣くといった毎日が先週くらいまで続きました。

が、しかし今週はすっかり慣れた様子で
「お砂場でお山作ったと!」とか「お散歩したと!」とか
楽しく話してくれるようになりました。

先週まで「ママ、ママ〜」ってべったりだったくせに
今朝はさっさとバイバイされちゃってちょっとさみしかったです。
こうやって子供は大きくなっていくんですねポッ

ミハルを保育園に預けたのもいろいろあって[:がく〜:]

じいちゃんが去年の11月から今年の2月まで肺炎で入院してて
その間認知症がかなり進んでしまいました。もう92歳だから
仕方ないですしょんぼり

で、3月からまた一緒に暮らし始めたんですが
介助なしでは生活できない状態になってしまったんです。

それで元気いっぱい外で遊びたいミハルと
家からなかなか出れないじいちゃんの二人をみるのは
ちょっと大変で保育園に預けることにしたんです。

私も4月から在宅で仕事を始めることにしてたので
ちょうど良い機会でした。

じいちゃんも週に何度かデイサービスに通うようになって
随分元気になってきてたんです。
そんな感じで新たなスタートをきった我が家でしたが
またじいちゃんが肺炎で入院してしまいました。
(でも、驚異の回復力びっくりで肺炎も順調に治ってます)

これからの高齢化社会ホントに大変です[:がく〜:]
| すみちん | 生後2歳 | 13:03 | comments(35) | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

このページの先頭へ