SKA-FE Baby

 結婚9年目、33歳主婦の不妊治療・妊娠・子育て日記です。

2006年6月、はじめて凍結胚移植をしましたが、残念な結果に終わりました。
そして2度目の顕微授精へのチャレンジで2006年8月に妊娠陽性反応をいただくことができました。
その後、妊娠初期の切迫流産の危機を乗り越え、2007年4月5日女の子を出産しました。

赤ちゃんとの生活をマイペースに綴っていきたいと思ってます。

<< 初デート | main | 断乳 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
乳がん検診
JUGEMテーマ:日記・一般


突然ですが、乳がん検診を受けてきました。

一昨日の夕方から急に左のおっぱいの内側が痛くなって
なんでかなぁって思ってました。

で、夜になっても痛みは治まらず
母乳をしぼってみたら左だけちょっと
クリーム色っぱいのが出てきたんです。
そういえば、ミハルもいつもよりおっぱいを飲まなかったような気も。
こんなことは初めてだったんで、なんだか急におそろしくなって
昨日さっそく病院に行ってきました。

たまたま昨日は母が休みだったのでミハルをお願いし
母が年に1回乳がん検診を受けている病院へ行きました。

最初に症状を看護師さんに説明し、体重、身長、体温、血圧を測られました。

そして、マンモグラフィーへ。

結構痛いよって噂はいろんな人から聞いてたんですが
やっぱり結構痛かったです。
『そんなにはさむかぁ〜』って感じ。
(でも、我慢できる範囲なのでこれから受けられる方は不安がらないでくださいね)

次に先生の触診

上半身裸で、頭の上で手を組みまっすぐ前を見て胸を張るように
言われました。そこで先生が目でみたり手で触ったりして診察。
結構恥ずかしかったです。何がはずかしいって
突然だったんで、ワキのお手入れがイマイチ自信がなくってたらーっ
触られることよりもそればかりが気になって汗

その後エコーがあったんですが、それも横になって
手は頭の上で組んだままの状態。これまたワキのことばかりが
気になって気になってひやひや

だって突然病院行くことになったし、こんな格好で触診されるなんて
思わなかったんだもんぶー やはりいつ何が起こってもよいように
お手入れはかかせませんね!? ホントしみじみ思いましたよ冷や汗
あ〜、今思い出してもはずかしい泣き顔

結果ですが、全く異常なしでした。

先生が言うには『痛みもそのうち治るから心配しなくていいよ』とのこと。
そのとおり、今日はもうほとんど痛くありません。

何が原因だったのかよくわかりませんが、すべての検査で全く異常はなかったので
安心しました。

先生からは、『年齢的にもこれからは何もなくても年に1度は乳がん検診受けてね』
と言われました。

私の祖母は乳がんでなくなりました。だから、かなり身近な病気なはず。
でも、どこかでまだ私は大丈夫って気があって今まで検診をうけたことが
なかったんです。
でも、きのう病院へ行く途中の車の中、『乳がん』って言われたら
どうしようって初めて身近に考えました。かなり怖かったですムニョムニョ
ミハルのことを考えても、まだまだ死ねないって心底思いました。

今回は何かの虫の知らせだったのかもしれませんひらめき これをきっかけに
これからは年に一度はちゃんと検診を受けようと思います。

ちなみに保険がきくので費用は、3,410円でした。
| すみちん | 生後1歳6ヵ月 | 13:52 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 13:52 | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2008/10/21 4:01 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2008/10/23 1:37 PM |









1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

このページの先頭へ